top of page

Mako Kodama

DSC_6746.jpg
DSC06194_edited.jpg

"彼女は、強い音楽的メッセージと、ステージ上で輝くパーソナリティを持っている"

Teunis van der Zwart (ナチュラルホルン奏者、ハーグ王立音楽院古楽科学部長)

​児玉真子 プロフィール

岐阜県各務原市生まれ。名古屋市立菊里高等学校音楽科、愛知県立芸術大学ピアノ科を卒業した後、2018年にロータリー財団の奨学金を得てドイツへ。2020年ドレスデン音楽大学ピアノ科修士課程を修了すると同時に、ライプツィヒ演劇音楽大学の古楽科修士課程でフォルテピアノを始める。2021年はエラスムス奨学金を得てオランダのハーグ王立音楽院に交換留学し、2022年にライプツィヒ演劇音楽大学を修了した。現在はハーグに拠点を移し、Adriana Jacoba Fund Awardsより学費全額給付の奨学金を得て、王立音楽院でBart van OortとPetra Somlaiの各氏のもとで更なる研鑽を積んでいる。これまでにピアノを井深阿佐子、國井真美、上野栄美子、小坂圭太、北住淳、Pia Kaiser、フォルテピアノをEckhart Kuperの各氏に師事。2017年から毎年岐阜・名古屋でピアノ、フォルテピアノでのリサイタルを開催しており、またライプツィヒのメンデルスゾーンハウスでのリサイタル、ドレスデンフィルハーモニー弦楽トリオとの共演なども果たしている。
最近は、特にフォルテピアノでの室内楽にレパートリーの重点を置いており、C.P.E.バッハからブラームス、デュオから古楽オーケストラでのピアノ協奏曲まで、さまざまなアンサンブルに精力的に取り組み、活躍の場をオランダとドイツに広げつつある。ライネッケのモーツァルト解釈が研究テーマであり、2022年にはライプツィヒのライネッケ博物館にてインターンシップを行った。夢は、地元岐阜で小さなフォルテピアノフェスティバルを開くこと。
最近1960年代イギリス製の小さなアンティークの自転車を手に入れ、オランダ生活を満喫している。日本に帰国する時には、実家のイングリッシュ・ブルドッグのこふくとパグのこきちに会えるのを心待ちにしている。

"彼女の演奏は確信に満ち、洗練された深みのある解釈を示す。音楽的で魅力的で情熱的な演奏家であり、共演者に常にインスピレーションを与える存在だ"

Petra Somlai (フォルテピアニスト, ハーグ王立音楽院教授)

"彼女と古典派とロマン派のプログラムで共演できることは、私にとって喜びだ。彼女はナチュラルホルンの音にあっという間に馴染み、その演奏は思慮深く、感受性豊かである。室内楽のパートナーとして、インスピレーションに満ち溢れ、こちらを盛り立ててくれるような刺激的なピアニストだ"

Miklós Takács (シュターツカペレ・ドレスデンホルン奏者・ナチュラルホルン奏者)

bottom of page